テレワークサポートネットワーク

気軽に相談できる地域での相談会や気兼ねなく相談できる相談窓口でテレワークがもっと身近になります。

何からはじめればよいかわからないという場合や、ICTやセキュリティに関する専門的なご質問まで、テレワークに関することなら、どんな事でもまずは総務省テレワーク・サポートネットワーク事務局へお気軽にお問い合わせください!
https://teleworksupport.go.jp/index.html

初心者向けのサポートセミナーご予約は
https://airrsv.net/teleworksupport/calendar

テレワークとは

今までの会社は、特定場所に集まって仕事をしていたが、離れていても一緒に仕事ができるテレワークツール(ITツール)が、次々と導入されています。

 

その結果、新型コロナ対策ではなく、テレワークは企業の生産性を大きく向上させます。例えば、移動レス、ペーパーレス、オフィスレスや、災害時の事業継続なども削減対象です。

 

また、職場で働く従業員の満足度も、テレワークで大きな変革を生みます。例えば、育児と仕事、介護と仕事の両立や通勤時間の削減など、働き方の改革を生みだして、共感する有能な人材確保につながります。

テレワーク導入への課題

テレワークの定義は、在宅勤務やモバイルワークの形態となり、特定場所に集まることを否定することで、仕事のやり方が変わり、生産性向上や働き方の改革につながります。

どのようにつなぐのか

社外からの接続方法には、次の方法があります。
1. リモートデスクトップ型
2. クラウドアプリ活用型
インターネットへの接続
インターネットに接続する方法
1. モバイルWi-Fiルータ
2. スマートフォンのテザリング
3. 自宅のインターネット回線
4. 公衆Wi-Fi

どのように情報共有するのか

社員同士のコミュニケーションの方法は、
1. データファイル共有
2. 電話・FAXの社外利用
3. Eメール・チャット
4. 会議システム
5. 商談システム

社員の一体感をどうするか

社員の労務管理をどうするのか、どうやって一体感を持たせるのか、
1. 勤怠管理ツール
2. スケジュール管理ツール
3. 勤務状況確認ツール
4. 従業員教育

可用性とセキュリティ対策

IT活用するほど高まるリスクへの対策を、テレワークの規定整備としての「勤務形態のルール」などの対応策が必要です。

初心者向けのサポートセミナー

総務省テレワーク・サポートネットワークのセミナーが開催されています。
テレワークの導入に関する基本的なところから、やさしくお話が伺えます。
セミナーはweb会議なので、自宅や会社からもお気軽に参加できると思います。
初心者向けのサポートセミナーご予約は