今年もe-Tax(web版)で確定申告しました

e-tax(web)

平成31年(2019年)1月から、国税庁では、マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポータルの連携機能の活用などにより、個人納税者の方のe-Tax利用をより便利にするためのシステム改修を実施しました。

1.スマートフォン専用の画面でご利用できます
スマートフォン・タブレットに最適化したデザインの画面を利用して、所得税の確定申告書が作成できるようになります。スマートフォン専用の画面をご利用いただけるようになります
2.パソコン画面もデザインが変わりました
トップページなども、シンプルでよりわかりやすいデザインに変更しました。
3.e-Taxの利用手続が便利になりました
e-Taxの送信方式について、「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の選択ができるようになります。

1.e-Tax利用の簡便化が始まりました

国税庁では、マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポータルの連携機能の活用などにより、個人納税者の方のe-Tax利用をより便利にするためのシステム改修を実施、平成31年1月からマイナンバーカード方式とID・パスワード方式がご利用可能となりました。

(1)マイナンバーカード方式

マイナンバーカードを用いてマイナポータル経由又はe-Taxホームページなどからe-Taxへログインするだけで、より簡単にe-Taxの利用を開始し、 申告等データの送信を行うことが可能です。
・e-Taxを利用するためには、事前に税務署長へ届出をし、e-Tax用のID・パスワードの通知を受け、これらを管理・入力する必要がありますが、マイナンバーカード方式では、そのような手間が不要です。
・e-Taxを利用するために事前準備として必要であった電子証明書の登録が不要です。

(2)ID・パスワード方式

「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたe-Tax用のID・パスワードを利用して、「確定申告書等作成コーナー」からe-Taxを行う方法です。
※マイナンバーカードとICカードリーダライタは不要です。
「ID・パスワード方式の届出完了通知」の発行は、税務署で職員による本人確認を行った上で発行しますので、運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、お近くの税務署にお越しください。

2.e-Tax(web版)システム利用の準備

一番簡単なe-tax(web版)で申告します。まずはe-Tax用システムを準備します。パソコン等のスペックは次のようになります。

(1)ハードウェア

CPU:Pentium4(1.6GHz)以上(又はその相当品)
メモリ:512MB 以上
ハードディスクドライブ(HDD):2GB以上の空きエリア
画面解像度:1024×768以上
ICカードリーダライタ
マイナンバーICカード

(2)ソフトウエア

Microsoft Windows 7 または8.1か10
Microsoft Internet Explorer 11
Adobe Acrobat Reader DC
NFCポートソフトウェア
PC/SCアクティベーター for Type B

3.各種ソフトウエアをインストール

(1)パソコン用ソフトウエア

お使いのパソコンのOS、ブラウザに対応した「事前準備セットアップ」ツールをパソコンにダウンロード、インストールします。
http://www.e-tax.nta.go.jp/e-taxsoftweb/e-taxsoftweb1.htm
※結果的にはe-Taxソフト(WEB版)又は受付システムの利用に必要なため、毎年インストールが必要になります。

(2)ICカードリーダライタ用ソフトウエア

私も昨年から環境を変えていなかったのですが、申請ができず再度このICカードリーダー用のソフトウエアを再インストールする羽目になりました。

接続するICカードリーダライターのメーカーからダウンロードします。
SONYの場合は下記からダウンロードします。 https://www.sony.co.jp/Products/felica/consumer/download/windows.html
※対象ソフトウエア2つあり、デバイスを認識させるソフトと、公的個人認証サービスを利用する際に必要なソフトです。インストール後はPCを再起動する必要があります。

※対象ソフトウエア2つあり、デバイスを認識させるソフトと、公的個人認証サービスを利用する際に必要なソフトです。インストール後はPCを再起動する必要があります。※再起動しないと認識しません。

4.手順について

(1)開始届出書の提出

e-Taxを利用する方は、「電子申告・納税等開始届出書」を事前に納税地を所轄する税務署に提出していただく必要があります。
e-Taxソフト(WEB版)を利用すると、オンラインで開始届出書を送信することができます。 開始届出書の提出は、e-Taxを利用するための共通的な手続であり、提出すれば、申告、納税及び申請・届出等のいずれの手続もe-Taxを利用して行うことができます。

(2)電子証明書を取得します

電子証明書とは、e-Taxでは、インターネットを利用してやりとりするデータについて、電子証明書及び電子署名を用いて、以下の2点を確認しています。
・そのデータの作成者が誰であるのか
・送信されたデータが改ざんされていないこと
つまり、インターネットを利用したデータのやりとりにおいて、免許証やパスポートのような本人確認の役割を果たすものが電子証明書であり、データの真正性を保証するために必要なものが電子署名です。
http://www.e-tax.nta.go.jp/kanbenka/mynumber_image2.pdf

(3)e-Taxソフト(WEB版)での手続き

e-Taxソフト(WEB版)では、以下の手続きを作成し、e-Taxへ送信することができます。
http://www.e-tax.nta.go.jp/e-taxsoftweb/e-taxsoftweb.htm

・送信結果の確認
メッセージボックスを表示して、送信結果を確認することができます。
なお、e-Taxソフト(WEB版)で作成・送信した手続きだけでなく、e-Taxソフトや民間の会計ソフトで作成した手続きの送信結果やその他お知らせ等も確認することができます。また、添付書類(PDF)の送信が可能な場合、送信結果から送信することができます。

・オプションメニュー
申告・申請データ(拡張子「.xtx」)の内容を確認することができます。
e-Taxから発行された納税証明書、電子申請等証明書、即時通知書(拡張子「.xml」)の内容を確認することができます。
また、各種証明書等(拡張子「.xml」)に付与されている署名の検証を行うことができます。
ご利用の環境でe-Taxソフト(WEB版)の操作が可能か、チェックすることができます。ログイン後に帳票印刷を行う際の個人番号印刷設定(個人番号印刷要否の初期選択値設定)を行うことができます。

(4)添付書類の省略化

確定申告の際に添付する書類は、税務署に渡してしまうものと考えがちですが、平成19年分以後の「所得税の確定申告書」の提出をe-Taxを利用して行う場合は、その記載内容を入力して送信することで、税務署への書類の提出または提示を省略することができます。 主に以下のような添付書類が省略化できます。

《対象となる第三者作成書類》
・給与所得、退職所得及び公的年金等の源泉徴収票
・雑損控除の証明書
・社会保険料控除の証明書
・小規模企業共済等掛金控除の証明書
・生命保険料控除の証明書
・地震保険料控除の証明書
・医療費控除の証明書
・寄附金控除の証明書

ただし、入力内容の確認などで必要なときには、原則として*法定申告期限(納税申告書を提出する期間)から5年間、税務署等から書類の提示または提出を求められることがあります。ただし、この求めに応じなかった場合には、これらの書類については、確定申告書に添付または提示がなかったものとして取り扱われます。
※e-Taxを利用して所得税の確定申告書を提出する場合の「源泉徴収票」や「生命保険料控除の証明書」などの第三者作成書類の添付省略の制度について
http://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/kakutei/tempu01.htm

以上