次のテクノロジの流行が生み出される2019年

夢の2019

本サイトをご覧いただきありがとうございます。2019年もよろしくお願いいたします。今年最初の話題は新年らしく注目キーワードから始めていきたいと思います。
米ZDNetの記者4人が協力して作成した、2019年に繰り返し話題になると予想されるテーマのリストを紹介していきます。

Appleはピークを過ぎている

Appleがデバイスの販売台数と売上高の公表を取りやめたことは、同社が時代を代表する企業としてのピークを過ぎたことを示しているが、過剰に騒く必要はありません。Appleは今も巨大なビジネスを抱えて、利益の大きさで同社の右に出る企業はほとんどいません。しかし現状のAppleサービスは利益を得る有効な戦略であるが、今後は何が同社の成長の柱になるか明確ではありません。

Appleがピークを越えたことを受けて、2019年に展開されると思われる流れは次のようなものになる。Androidデバイスメーカーは5Gに飛びつくとともに、折り畳み式を含む新たなスマートフォンのデザインを導入してくるでしょう。

Appleは従来から、このような局面では待ちの戦略を取ることが多く、5G対応デバイスは2020年までリリースされない可能性があります。しかしアップグレードサイクルが長くなるため、スマートフォンの売り上げは引き続き下がっていく可能性が高いと思います。

Appleの販売台数が追いかけられなくなれば、同社のハードウェアに関する話題も少なくなり、それでもAppleは今後も高い利益を上げ続けるだろうし、サービスの利益幅も改善されるかもしれません。しかし残念なことに、ソフトウェアやサービスは商品を買う側の想像力を刺激してくれないと思います。

2019年は、Appleを憂慮する声が出る一方で、サムスンは複数の分野で活躍し、新たなデザインの導入や早い段階での5G対応を進めると思います。Appleはピークを越えたという説は、今後同社が十分な利益を上げ、エンタープライズ市場のシェアを拡大し、デバイスの普及台数を維持しても増えていくと思われます。

AIに対する反感が高まる

今後、企業と消費者のすべてが、アルゴリズムやAI、機械学習の中身と、システム開発を気にし始めます。Pew Researchの調査から、消費者がすでにアルゴリズムついて、テクノロジが人間に関する判断を行うのが正しいかについて、疑問を感じています。

企業は、アルゴリズムやAIの無秩序な広がりに直面することになります。問題は、IBMが行っている、AIの透明性を高めバイアスを検出しようとする試みが成果を挙げられるかどうか。

しかし問題が表面化するまでは、あらゆる企業が、何らかのソフトウェアが入っており、少しでも知性がありそうに見える要素があれば、何でも「AI」と呼ぼうとすると思われます。例えば、あらかじめ答えがプログラムされているチャットボットが「スマートアシスタント」と呼ばれているのもこれに当てはまります。

2019年は、人々がAIに不満を持ち始めるが、AIの精はすでにランプから解き放たれてしまっており、主流の技術になってしまう年になるかも知れません。

5Gは大きな話題となり、本格的普及は2020年から

近い将来、モバイルの分野には、折り畳み型スマートフォンと5Gという2つのまったく新しいテクノロジが登場します。

折り畳み可能なOLEDの分野はサムスンが大きくリードしているため、他のメーカーは5G分野で勝負する長い戦いになります。最初の5Gのサービスが始まった時、キャリアやスマートフォンメーカーが必死で消費者に売り込んでくると思われます。

しかし、コストやバッテリー寿命、標準化などの問題がどうなるかは見えていません。2019年に5Gが市場に出回り始めるが、IoT、消費性向、企業や消費者などに対する本当の影響が現れてくるのは、数年先になる
と思われます。

今回、新しい世代のモバイル通信規格が登場しても、携帯端末の使われ方にほとんど影響を与えないケースになると思われます。Netflixが8Kでストリーミングできるようになっても、本質的な使われ方は、標準画質のNetflixを視聴する場合とそれほど変わらないのと同じように。

5Gの本当の恩恵を享受できるのは、既存の4Gのバックボーンに依存しないスタンドアローンモードが実現してからなので、通信事業者は、ユーザーにスタンドアローンモードでなくても問題はないと説得し続けることになると思われます。

ハイブリッドインフラの普及で、ハイブリッドなアプリケーション戦略が重要に

ハイブリッドクラウドが実用的になってしばらく経ち、今では、クラウドプロバイダとオンプレミスベンダーの間で協力関係が結ばれています。AWSは最近開催された「re:Invent」で、ハイブリッドクラウドの話題に多くの時間を費やし、VMwareとの強固なパートナーシップを強調しています。

今話題になっているのはハイブリッドインフラだが、今後はローカルでも、クラウドでも、エッジデバイスでも実行できるハイブリッドアプリケーションが話題の中心になると思われます。新たなハイブリッドの世界は、一度書いたプログラムはどこでも使える世界という夢へとつながります。成長痛は続くということです。

 ハイブリッドクラウドやハイブリッドインフラから、ハイブリッドアプリケーションに話題が移るのは、ベンダーがハイブリッドに関する新しい話題を必要としているからではないでしょうか。

ブロックチェーンは本物か

2018年のブロックチェーンに関する話題の多くは、暗号通貨以外の利用法に関することだった。このことは2019年にもあまり変わらないだろうが、話題の数は増えていくと思われます。

数多くのスタートアップや大企業が、ブロックチェーンを使って、生産的な何かを実現しようと必死に取り組んでいます。ブロックチェーンが得意とするのは、トランザクションに極めて高い透明性と追跡可能性の両方が必要な場合で、そうした状況であれば優れた利用法が見つかる可能性もあります。

ブロックチェーンには技術的な面から見ても多くの課題があるが、ビジネス文化の観点からは、それ以上に多くの問題があると思われます。大抵の場合、トランザクションは安全でなければならないが、多くの場合は同時に秘密性も必要とされます。純粋な分散型ブロックチェーンは、そのような状況に対応できません。

また、実用化のためには、ブロックチェーンに不正なトランザクションを差し挟まれても不正を防げる方法を見つける必要があります。銀行や政府、取引業者を騙せるのと同じように、ブロックチェーンにもウソをつくことができます。しかし2019年は、特にサプライチェーンの分野で多くのブロックチェーンの取り組みが進むと思われます。

以上