スマホで写真の切り抜きと合成ができる「Adobe Photoshop mix」

自社ホームページやショップサイトをはじめSNSでは、写真を利用する機会は多くあります。
撮り下ろした写真をそのまま載せるよりも、加工をした方が見栄えが良くなり、売り上げアップになるでしょう。
特に商品を目立たせたい場合には、対象物だけを切り抜いたり、他の写真と合成すると、 ユーザーの目をより引きつけられる写真ができます。

しかし、切り抜きや合成をするためには専用のツールが必要となります。
デザイナーならPhotoshopやIllustratorを使用すればよいですが、デザイナー以外の方はこれらのツールを持っていない場合も多いと思います。

そこで、切り抜きや合成ができるスマホ無料アプリ「Adobe Photoshop mix」を紹介します。
スマートフォンひとつで誰でも使えるので、使い方を覚えるとすごく便利です。

Adobe Photoshop Mixとは

Adobe Photoshop Mixとは、Adobe社が無料で提供している画像加工 アプリです。
写真の切り抜きや合成、レイヤーの加工などを専門としており、Photoshopの知識がなくても簡単に使用できます。
使い慣れるとレイヤーごとに細かい編集をしたり、サムネイルを作成したりできるようになります。

Adobe Photoshop Mixの使用方法

ログイン・チュートリアル

トップ画面

Adobe Photoshop mixを利用する際は、ログインが必要です。Adobe ID、 Google アカウント、 Facebook アカウントのいずれかでログインできます。

どのアカウントも持っていない方は「無料で新規登録」をタップしてAdobe IDを作成してください。同じスマートフォンですでに別のAdobe社製のアプリを利用している場合は「ログイン」をタップするだけでログインできます。

ログインが完了すると「マイプロジェクト」という、これまで自分が編集した写真の一覧を確認できる画面が表示されます(初めて使用する場合は、チュートリアルのみ表示されています)。
プロジェクト
チュートリアルをタップすると、チュートリアル画面が表示されます。チュートリアルでは、写真の合成方法が学べます。
初めて利用する時は、チュートリアルから初めてアプリの使い方を覚えていきましょう。チュートラル

写真の合成

Photoshop mixが得意とするのは、写真の合成とレイヤー(画像の積み重ね)の調整です。
写真の読み込みと合成などの調整は、スクリーンショット画像を使用して紹介するので、参考にしてください。
それでは、例として下記2つの画像を合成してみましょう。
電卓

花の園

写真を読み込む

まず アプリ内に写真を読み込むために「マイプロジェクト」の画面右上の+アイコンをタップします。
「作業を開始」という画面が表示されます。この画面からすでに撮影済みの写真を読み込む、または アプリ内で写真を撮影できます。

まずはスマホからターゲットの「電卓の写真」を読み込みます。
写真を読み込む

ファイル読み込み
写真が読み込まれると、下記のように表示されます。
電卓の写真
画像には残念ながら、いらないモノが一杯映り込んでいます。
この中から必要とする商品(今回は電卓)を選択します。

選択方法は、左側の「自動」のボタンをタップすると、驚くことにほとんど何もしないでも、電卓だけが選択されています。(例の画像のように、比較的はっきりした写真であれば、このメニューだけで綺麗に切り抜けます)
電卓の自動選択
さすがに、上部の液晶表示部分までは選択されていないようです。
このまま切り抜くと選択されていない液晶部分が取り込まれないため、手動で切り抜きする箇所を選択します。
電卓アップ
操作をしやすくするために画面を拡大します。画面の拡大には「ピンチアウト」(二本の指の間を広げるように動かすことで、画面表示が拡大されます)します。

すでに選択している部分から指をそっとなぞると、選択範囲が拡大していきます。
ここで指をガバッと動かすと、選択範囲が一気に拡大しますので、注意しながら拡大します。
電卓の切り抜き
やっと、切り抜きする対象の電卓全体が選択されました。

ここで、右側下にあるチェックボタンをタップすると、後ろに見えるマウスやカップも、そして机の木目も全部カットされて電卓だけが切り抜きされます。
電卓切り抜き2
ここで、電卓をタップすれば位置・回転角度だけでなく、ピンチイン・アウトで大きさも変更できます。
また、画面下には該当画像の編集メニューが表示されますので、効果やブレンドを調整してみると面白い写真が出来ますので、試してみてください。

出来上がった合成写真をファイル保存するには、右上2つ目の□ボタンをタップしてファイルで保存できます。
ショッピングサイトの白抜き画像は、この状態で保存しておけば便利に使えます。保管1
保管2
保存する場所を決めてタップすると、切り抜いた写真を保存することが出来ます。

別の写真と合成してみましょう

今回は分かりやすいように、2枚目には花の写真をチョイスしました。
先ほどと同様に、スマホから花の写真を選択して、アプリに取り込みます。
合成1
すると、先ほど切り抜いた電卓が消えてしまって、花の写真だけが表示されました。
しかし、電卓は消えたわけではありません。花の写真の裏側のレイヤに存在しています。
それは、右側に表示されているサムネイルの小さなレイヤ写真で確認できます。

さてここで、電卓を花の写真と合成します。
サムネイルの電卓の写真をタップしながら花の写真の上にドロップすると、写真の順番が入れ替わり電卓が上に合成された写真が現れます。
合成2
ここで、電卓画像をタップすれば位置・回転角度だけでなく、ピンチイン・アウトで大きさも変更できます。
出来上がった合成写真をファイル保存するには、右上2つ目の□ボタンをタップします。(さっきの切り抜く電卓と同じです)

また、画面下には該当画像の編集メニューが表示されますので、効果やブレンドを調整してみると面白い写真が出来ますので、試してみてください。
保管1
保管2
保存する場所を決めてタップすると、合成した写真を保存することが出来ます。

以上