シマンテックエンドポイントプロテクションのエラー

セキュリティ1

シマンテックエンドポイントプロテクションのエラー

windows8.1で、SEPのバージョン14(14.0.RU1MP1)ビルド3876(14.0.3876.1100)を、アップデートすると、起動時に赤字で「製品エラーの確認が必要です。」のエラーが数秒表示されます。

そして、タスクバーのアイコンにも「複数の問題があります」と表示され続けます。

タスクバー

メーカーのシマンテックは「2018 年 1 月 3 日以降の Windows セキュリティ更新を適用後、複数のエラーが発生したことを Endpoint Protection のトレイアイコンが報告する」と記されています。

以下に詳細の報告をシマンテックホームページから掲載しています。
このアラームが表示されていても、ウイルス対策は万全だそうです。

https://support.symantec.com/ja_JP/article.TECH248552.html

状況

2018 年 1 月 3 日にリリースされたマイクロソフト社の Windows セキュリティ更新を適用後、Symantec Endpoint Protection(SEP)のシステムトレイアイコンが、複数の問題があることを報告する。SEP クライアント のユーザーインターフェースを開くとエラーは報告されない。

環境

2018 年 1 月 3 日の Windows セキュリティ更新を適用した環境

原因

2018 年 1 月 3 日に、マイクロソフトは Windows の定例外のセキュリティ更新をリリースしました。この Windows セキュリティ更新を適用すると、SEP のシステムトレイアイコンに、この問題が発生する可能性があります。この問題は、2018 年 1 月 4 日にシマンテックがリリースした消去 (ERASER) エンジン更新 (バージョン 117.3.0) には直接関係していません。

(シマンテックホームページより掲載)

追伸

2018年3月1日現在 SEPのバージョン14(14.0.RU1MP1)ビルド3876(14.0.3876.1100)は、アップデートで解決したのか正常動作をしています。